スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

ゆにべ2014-05-13(Tue)



2代目ユニベルソ
メインユニットはベルソからルベルソ4へ
HMSカラビナはアタッシュ3Dから新しいアタッシュへ
全体重量はカタログ値で123g

とりあえずアタッシュ新旧比較からいきましょう

mini-20140513-DSC07961.jpg

変更点は
若干のアシンメトリ化
若干のロープベアリングの拡大とエリアの平均化
ノーズカーブの変更
スクリューの形状変更
など

mini-20140513-DSC07960.jpg

両端の段差を排除し、丸みを持たせたデザインに変更。実際、スクリュー部分がハーネスのビレイループに引っかかってマイナーアクシスになりそうな時に、スルっと逃げてくれます。
反面、指からも逃げやすくなりました。これは指の腹に当たるギザの部分が多角形っぽい感じから円に近づいたせいもあるかも。
ちなみに同時期発売のスピリットスクリューにも新アタッシュと同じ形状のスクリューです。ペツル本国およびアルテリアのサイトのアタッシュとスピリットスクリューの画像はアタッシュ3Dと同形状のスクリューですが、実際は違います。
伝統の締め忘れ防止の赤マーキングは健在。シンプルで効果大。
今ならアタッシュ3Dの在庫を抱えてる店舗もあるでしょうし、どっちでも好きな方を選べますですね。

んで、ユニベルソ
リードビレイ、TRビレイ、懸垂下降についてはいたって普通な使い心地。ただし、グリッドロック+ルベルソ4の組み合わせの時よりも繰り出し時に若干スタックしにくい印象。ロープセットは慣れるまで少し混乱するかもしれませんが、落ち着いて考えれば大丈夫。

mini-20140513-DSC07966.jpg

新しいユニベルソの取説はまだ公開されておらず、アルテリア/本国ともにダウンロードできるマニュアルは旧ユニベルソのまんま。本国サイトの説明ではルベルソモードでの使用に言及している箇所がありますんで、ルベルソモードが使えないということはおそらくないのでしょうが、ルベルソ4での取説ではルベルソモード時にジャミング用カラビナは固定すんな自由にしとけ的な文言と図説が見受けられたりで、そのあたりが使う前までちょっとモヤモヤ。実際使ってみたら一応はロックしてくれましたが・・・

ユニベルソでは上の画像の通り、ルベルソモード時でもジャミング用のカラビナがルベルソ4から若干離れたまま、ロープを手繰る感じになります。だからといって別段ロープの引きが軽くなるわけではないですが。

mini-20140513-DSC07968.jpg

セカンドが落ちるとアタッシュが瞬時にスライドしてロック状態に。

んー、ロープのセットに慣れてしまえば他は普通な使い心地
どうやってまとめようか・・・
とりあえず残りはもうちょっと使ってから



Comments(0) | Equipment

タイトルなし « home » タイトルなし

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。