スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

reject2017-03-19(Sun)

mini-wcrevo c



今年出ません。

年末に間に合う可能性が浮上

ちらほら2018年まで発売延期の情報出てますが、公式発表はまだ。
ひとまずヨーロッパ圏での当初のスケジュールには間に合わんもよう。
鼻息荒くしてた人たちは座ってお茶でも飲んで落ち着いてから寝て待てばいいと思います。
二つの理由があり、8.9mmあたりまで対応ロープ径を上げるかどうかで悩んでるのが一つ
もう一つの理由の方がやっかいですが、これもそのうちどっかから情報漏れるでしょう。

ビレイデバイスの対応ロープ径をどう捉えれば良いのかってのは時々考えます。
±0.2mmの免罪符を取説に貼り付けるメーカーも増えてきました。発売年によって市場に存在するEN892準拠のダイナミックロープの最小径が異なっている上にマムートのようなメーカーなら自分とこのロープ径を全てクリアできればそれで良しなわけですし。
追加試験なんかCTが例外的にクリックアップやアルパインアップでやったぐらいで、そんな金と時間がかかることはどこもやりたがらない。追加試験に持ち込めば7.3mmあたりまでなんとかできる製品はいくつかあるんじゃないかと思うのですが。
このあたりはベアールの新顔について書く時にもうちっと勉強してみましょう。いずれまた。

細いロープ使う人ほどカテゴリ1のタイプ6や8、もしくはカテゴリ2のタイプ4の中でブレーキアシスト機能を持つビレイデバイスへの関心は高いかもしれませんが、カテゴリ1の注目株が出遅れそうだというお話でした。



Comments(0) | Day in the life

LIFE GUARD « home » variant

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。